投稿日:

派遣やアルバイトなど非正規社員という働き方

非正規社員には、どんな働き方があるの?

契約社員

契約社員は、予め雇用期間の定めがある労働契約で働く労働者を指します。契約期間は、労働法第14条で定められており、原則として最長でも3年です。通常は、定められた期間が終わると契約満了で終了となりますが、契約更新をし、仕事が継続できるケースも多くみられます。

パート・アルバイト

パートやアルバイトは、8時間働く正社員に対し、5時間6時間など比較的短い時間で働く労働者を指します。給与も正社員とは異なり、時給で支払われることが多いです。通常パートは、時間制限があるだけで正社員と同じ仕事をする労働者を指しますが、今ではほぼアルバイトと同じ意味で使われています。

派遣社員

派遣社員は、派遣会社と雇用契約を交わし、派遣会社が紹介する企業の指示に従い働く労働者を指します。給料も、派遣会社から受け取ることとなります。派遣社員には、派遣会社に正社員や契約社員で雇われる「特定派遣」と、自分の条件に合う企業が見つかった際に紹介してもらう「一般派遣」の、二つの働き方があります。

非正規社員として働くメリット

非正規社員は、何と言っても自分のライフスタイルに合わせて働けるというのが大きなメリットではないでしょうか。自分の都合や予定に合わせて労働時間や期間の調整ができるため、学生なら働きながら勉学に励むことができ、主婦の方なら子育てや家事をこなしながら社会復帰を図れます。
俳優を目指している劇団員やメジャーデビューを目指すミュージシャンも、練習時間を確保しながら、パートやアルバイトで生計を立てることが可能です。また、様々な仕事や職場環境に触れて多種多様な経験を積むことができるのも、非正規社員として働く魅力の一つです。