投稿日:

いざ就職、転職!そのとき必要な書類

就職・転職が決定すると、企業から入社手続きのために必要書類の提出を求められます。必要書類は複数ありますので、書類が揃っていない・不備があるなどの理由で入社手続きが遅れないようになるべく早く用意しておきましょう。

年金手帳

年金手帳は、年金加入手続きのために必要です。年金手帳は会社で保管する場合と自身で保管する場合があります。会社で保管していたのであれば、転職者は退職時に返却されます。もし、年金手帳を紛失した場合は、社会保険事務所で再発行の手続きが行えます。

源泉徴収票

源泉徴収票転職の方は、退職時に前職場から源泉徴収票を受け取ります。退職して年内に転職した場合は、年末調整を受けるために転職先に源泉徴収票を提出する必要があります。しかし、年を越して入社する場合には、基本的に提出する必要がありません。また、学生で就業履歴がない場合も提出は不必要です。

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証は、雇用保険の加入手続きのために必要です。源泉徴収票などと同様に、退職時に前職場から受け取る書類の一つです。もし、紛失した場合には、居住地を管轄するハローワークで再発行の手続きが行えます。

給与振込先の届書

給与の振り込みに必要な口座を届出る書類で、ほとんどの会社で用意された書類に必要事項を記入します。氏名欄の横に捺印の箇所がありますので、認印で捺印を行いましょう。必ず銀行の届出印と同じものを押す必要はありません。また、企業によっては「銀行通帳コピー(支店名・口座名の記載ページ)」を求められる場合もあります。

扶養控除等申告書

社会保険や税金の手続き、その他の諸手当の計算などに必要です。扶養控除という名称がついていますが、扶養家族がいなくても必ず提出する書類です。定められた法令用紙がありますので、会社から受け取り記入・捺印をするのが一般的です。

健康保険被扶養者異動届

扶養控除等申告書社会保険の加入の手続きで必要な書類で、扶養義務のある家族を持つ方だけが対象です。扶養控除等申告書と同様に定められた法令用紙がありますので、記入・捺印をして提出をします。捺印は届出印ではなく、認印で問題ありません。
上記の基本的な必要書類以外にも企業によっては、入社誓約書・免許・資格関連の証明書・卒業証明書など提出を求められる書類があります。入社当日になって慌てないように、事前にしっかり確認しておきましょう。