投稿日:

販売から介護、建設業、それってどんなお仕事?

求人広告を見ていると、世の中には様々な職業があることが分かります。正社員を目指し就職活動中の学生の中には、求人広告に掲載されている仕事内容だけでは、どのような業務を行うのかよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。事前にある程度どのような業務を行うのか分かっていれば、安心して働くことができるので、自分には合わなかったからとすぐに辞めてしまうこともなくなります。

販売員の仕事内容

販売員の仕事内容一言で販売員といっても、食品からアパレル、雑貨、家電など様々なジャンルがあります。売る商品に違いはありますが、商品を手に取ってもらえるよう接客を行うという点はどれも同じです。
来店されたお客様に積極的に声をかけ、商品の良さを伝えたり、お客様が探している商品を見つけたりすることが主な業務となります。接客の他にも、商品陳列や整理、レジ打ちなど様々な業務があります。

介護の仕事内容

社会福祉施設などで高齢者や障害者の日常生活を補助し、自立するための支援を行うことが仕事です。社会福祉施設によって業務は異なりますが、食事や入浴、排泄処理、着替えなどを補助することが主な業務となり、他にも行事やレクリエーションなども行います。介護職員は基本的に資格がなくてもなれますが、施設によっては資格が求められることがあります。介護の資格を取得するための受験資格は設けられていないため、誰でも受験することが可能です。資格を持っていることで優遇されることもありますので、必要と感じたら取得しておくことをおすすめします。

建築と土木の二つに分けられる建設業

建築と土木の二つに分けられる建設業建設業は「建築」と「土木」に大きく分かれており、それぞれ仕事の内容に違いがあります。建築工事は、住宅や病院、学校などの建物を建築する工事を行います。一方、土木工事は、道路やトンネル、橋など生活するために必要な生活基盤を整備する工事を行います。
また、建設業は細かく分けると、工事内容や施工方法の違いから28業種に区分されています。さらに、鉄筋工事や大工工事などの専門的な工事を請け負う専門工事業者は、その専門性により26業種に分かれています。